読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラサー地方女子の合コン日記

アラサー女子の地方(西の方)での合コン活動日記です。合コン後のこと、合コン以外での出会いなども書いていこうかなって思ってます。

バナナボートにつられる🏄

まだ20代前半の夏の話😌

 

同期5人(みんな女)で

レンタカーを借りて

市内から1時間半くらいかけて

海に遊びにいった😉🌊

 

みんなで全力で遊びまくり

楽しんでると

見るからに学生の男の子たちに

声をかけられる💦

 

だけど…

 

『お姉さんたち
学生さんたちにご馳走してあげるほどの
甲斐性はないわ😱』

と思い無視😒

 

別にナンパ目的で

海に行ったわけではなかったからいいんだけど…

他の男の子たちからは

声かけられなかった😰

 

私たちモテないね😂

泣けてくるね😵💦

 

と話しつつ

 

全力で遊びすぎて

ちょっと疲れて

少し休憩してると

 

友達の2人が

「ちょっとビーチを散歩してくるー😊」

と言って離れていき

私たち3人は砂に埋め合いっこしながら

遊んでた😉

 

しばらくすると

散歩に行った友達2人が戻ってきて

「バナナボート乗せてくれるって

言ってる人がいるから

みんなで乗せてもらおうよー」

っと…🎵

 

海水浴場の横にある

川が海に流れ込んでるとこと

海水浴場を隔てるように

作られてる壁があって

(消波ブロックがたくさん立て掛けられてるやつ)

その上を歩いて沖の方に行けるとこの先に

2台の水上バイクが🚤

 

確かに

1台は後ろにバナナボートを
引っ張ってきてる🌊🍌

 

まぁ行ってみるかってことになり

バナナボートの方へ😊

 

水上バイクに乗ってる人たちは

海の男と言わんばかりに

真っ黒👤

 

二人とも

レインボーミラーのサングラス着用😎

 


f:id:getthehappyend:20161129181610j:image

 

そして二人ともギラついてる💫

 

想像を裏切らない感じで笑ってしまった😂

 

この人たち
暇さえあればこうやって
水上バイクにバナナボート付けて
海に来ては

若い女の子に

「乗せてあげるよー」

って声かけてるんだろうなぁ

と思いながら

とりあえず乗せてもらうことに😜

 

乗り込もうとすると

その人たちが

「ちょっと待って😊

これ着けてね✨」

と手渡してきたものは…

 

救命胴衣🏄

 

しかも人数分👭👭🚺

 

業者かっ!?

 

と思いつつも

ありがたいなと思って装着✨

 

まぁ海って危ないもんね😱

救命胴衣大切だよね😉

 

もしかして法律とかで決まってんのかな😰

バナナボートとか水上バイクとかの

マリンスポーツするときは

救命胴衣着用とか💡

 

無知なためわかんないけど

いざバナナボートに乗船😜💕

 

そして振り落とされたりしながら

一通りバナナボートを満喫して

一旦陸へ😉

 

少しみんなで話してると

水上バイク①は地元の中小企業の社長🌠

30代後半

水上バイク②も地元の中小企業の社長🎉

30代半ば

 

②は起業したばかりで

①を先輩として尊敬してるらしい💫

 

で、話も一段落して…

 

今度は

 「水上バイクに乗せてあげるよー!!」

と…🙎

 

「水上バイクは二人乗りだから順番ねー」

 

 友達に中の1人が

マリンスポーツとか

こういうアクティビティが

好きでめっちゃのり気🏄

 

すると水上バイク①が

指示し始めた💦

 

「じゃあ△△ちゃん (マリンスポーツ好きな子)は
②の後ろに乗って!!

○○ちゃん(私)は俺の後ろね!!

他の3人はちょっと待っててね✨
すぐ戻ってきて交代するから」

 

言われるがままに乗船💡

 

そして出発🚤

 

出発してすぐに

水上バイク②とは別の方向へ💨

 

近くを並走すると危ないし

あとで沖の方で落ち合って
また引き返すのかぁ

なんて思いつつ進む💦

 

結構沖の方まで来て

エンジン止めて停泊⚓

 

まわりを見渡しても

水上バイク②の姿見えず🙈

 

私たちがいたであろう海水浴場が

遥か遠くに見えて

 

海水浴場の人なんて

性別すらわからないほど

豆粒みたいに小さい😨

 

ヤバイ😵💦

 

海上で軟禁状態だ👽

 

水上バイク①が

水上バイクの荷物入れから

防水パックに入ったケータイを取り出す🐚

 

で、なんか誰かにメールかなんかしてるっぽい💫

 

こんな沖でも電波通じるんだぁと思いつつ…

 

そんなことより

自分の身の安全を確保せねば🆘

 

とりあえず救命胴衣着てるし

ここで海に落とされても

誰か助けてくれるかな

とか考える🤔

 

するとすぐにメールを終えて

話しかけてきた💦

 

「○○ちゃん今の仕事辞めて

うちで働かない??」

 

私、想定外のことを言われ

「…えっっ!?」

 

続ける水上バイク①

「○○ちゃんがもしうちに

来てくれるなら

僕の秘書してほしいんだぁ」

 

私…きょとん😓

 

「私、秘書検定とかもってないし
秘書っぽいことも何もできないですよ…」

と言うと…

 

「秘書って言っても

会社に来て座ってるだけで

いいから😊」

 

と…💦

 

いやいや、怖いっ😱

 

働かずに会社にいくだけで

お小遣いくれるってこと😵!?

 

理解できずにいると…

 

「○○ちゃんがもし

うちの会社に来てくれるなら

給料は月に50万払うよ😊」

 

「市内から通うのは

遠いから会社の近くに

引っ越すためのお金も出すし」

 

「家も僕が借りてあげるから

家賃もいらないよ😊」

 

終始優しい笑顔で

信じられないくらい好待遇の

仕事を紹介されてるけど…

 

これって愛人契約

ってやつにしか思えない😨💦

 

だから…

 

「すごく良さそうだけど

今の仕事なかなか辞められなくて💦

うちブラックだから

辞めさせてもらえないんだぁ😖」

 

と大嘘をつき

逃げ切ろうと試みたけど

捕まった😰

 

「そうか…💦

すぐには辞められないのはわかるよ😊

じゃあ、とりあえず今夜

俺たちも市内まで行くから

ゆっくり会社のこととか

仕事のこととか説明するから

連絡先教えて😊

あとで市内で待ち合わせしよう😊」

 

怖いっ😲怖すぎる😨

 

番号教えるわけにはいかないと思い

 

「昨日ケータイ変えたばっかで
まだ番号覚えてないんだぁ😌
おまけにさっき充電切れちゃって🔌」

 

と、また大嘘をつく😓

 

すると水上バイク①は

それを信じたのか

嘘だと思ったから他の手を考えたのか

 

「じゃあ今から一旦陸に戻って

近くのコンビニにプリペイド携帯

買いに行こう!!

買ってあげるから😊

そしたら連絡とれるし

今夜また会えるから😊」

と…😲

 

ちなみにこの頃は

コンビニにプリペイド携帯

(機種とプリペイドの通話料金が

セットになってるもの)が

売ってて簡単に買えたの😓

 

そこまで私にこだわる理由が

わかんないけど

とりあえずこれを餌に

陸には戻れる😂

 

思わせ振りに

「そんなの買ってもらうの悪いよー😊」

と言いながら

陸へ戻る流れに😉

 

そしてまたエンジンかけて

みんなが待つ陸へ✨

 

私たちが戻ると

みんな陸にいて

「次の人乗っていいよー」

と私が言うと

 

みんなが口揃えて

「えっっ、

もうみんな乗せてもらって

○○(私)を待ってたんだよ‼」

と…😵

 

私が沖に軟禁されてる間に
水上バイク①がメールしてた相手は
水上バイク②だったみたいで
水上バイク②が私以外の4人を
水上バイクに乗せてあげてたらしい💦

 

驚きつつも

とりあえずもう陸に戻って

みんなとも合流できたし

プリペイド携帯のことは忘れたふりして

「ありがとー」

と言って逃げようとすると

 

「○○ちゃん(私)、

プリペイド携帯買いに行こう」

と…💦

 

さすがに数分で忘れてくれるわけないか…😯

 

「ホントに悪いからいいよ😱」

と言うと

 

察してくれた友達が

「レンタカー、

あと2時間で返さなきゃいけなくて

私たち今からシャワー浴びて

すぐ帰らなきゃ間に合わないの!!」

と言ってくれた😊

 

けどこれまた大嘘💣

 

ってかまだ昼の1時頃だったのに
返却期限が迫ってるわけがない😂

 

けど水上バイク①は諦めず

 

「じゃあ僕が

プリペイド携帯買って行くから

市内のどっかで待ち合わせよう‼

お店予約しとくから

そこで待ち合わせて

携帯渡すから

ご飯一緒に食べよう😊」

っと…😵

 

すごい圧😲

 

けど相手が水上バイクを

放って行けないことをいいことに

 

「ごめんねー時間ないからー」

 

と言い残し海の家の中に避難💦

 

水上バイクたちの姿が消えたのを確認して

再度ビーチでゆっくり😊

 

沖に軟禁されてた間の出来事を

みんなに話すと

みんな大爆笑😂

 

この5人で集まると

今でもこの社長の話をつまみに

笑える😜

 

でも冷静に考えると

私この頃からずっと…

危機管理がひどすぎるな💥