読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラサー地方女子の合コン日記

アラサー女子の地方(西の方)での合コン活動日記です。合コン後のこと、合コン以外での出会いなども書いていこうかなって思ってます。

結婚式の二次会は出会いの宝庫💐

この前書いた

全部持っていく💞 - アラサー地方女子の合コン日記

の職場の先輩(女)の結婚式でのこと💒

 

披露宴のときから

新郎友人の席で

1人目を引く人が😍

 

彼は

高身長 180cmくらい

細身でスタイルいい

スーツがおしゃれ

爽やかイケメン

だった😆

 

気になるなぁと思いながらも

披露宴では接触することもなく

二次会でも席が遠くて

なかなか話せず😱

 

二次会中に先輩と旦那さんが

挨拶に回ってきてくれて

「いい人いたー??」

と言ってくれたから

 

「あの人気になります‼

けどまだ話せてなくて…」

 

と話すと旦那さんが

私の近くに彼を呼んでくれて

話すチャンスが💓

 

話してみても

感じのいい人で

落ち着いてて

素敵な人だったから

番号交換して

「今度デートしよう」

ってことになった😍

 

デートの日にちもすんなり決まって

 

私は浮かれ気分で先輩に

「デートすることになりました😆」

と報告すると

 

先輩が言いづらそうに

 

「あの人…

彼女いるんだって😩」

 と…💦

 

ショック💔

 

 なんでこう

いい男はみんな

結婚してたり彼女いたり…😣

 

まぁそりゃ当たり前だよね🤔

純粋にいい男ってことだもんね😵

他の女の子達がほったらかしとくわけないよね😓

 

続けて先輩が

「その彼女と長いらしいんだけど

別れたりまた戻ったりを繰り返してて

今も上手くいってなくて

もう別れるって言ってるんだって!!

だから○○ちゃん(私)のこと

応援するよー」

 

と…😓

 

ちなみに先輩が言う

『応援』

とは…

 

・彼女と別れさせるために全力を注ぐ

・私を彼に激推ししてくれる

 

ってことらしい💂

 

まぁとりあえず

先輩たちの『応援』はおいといて…

 

彼に彼女はいるけど

結婚してるわけではないし

 

(☝これ重要✔)

 

彼がデートしよって言ってくれてるし

デートしてみなきゃ

お互いのことを

どう思うかわかんないし

 

デートしてみよー💓

 

と思い

予定通りデート😉

 

1回目のデートは楽しく過ぎて

 

2回目、3回目と

デート繰り返していくと

彼のことがいろいろわかってきた💡

 

多趣味

スノボ、テニス、音楽、車などなど

基本、体動かすことが好きみたい

 

友達たちと

何かのプロジェクトを立ち上げてて

郊外の土地を借りて

畑をつくって玉ねぎとかトマトとか

いろいろ育ててるらしい🍅

 

そして彼…

二級建築士だった💡

大学卒業後は建築関係の仕事をしてて

一級建築士も受験したらしいけど

難しくて受からなかったらしい😞

その後転職して

今は建築とは全然関係のない

別の仕事をしてる🌠

 

でも…

『建築士』の響きに

キューーーーン😘

 

彼は穏やかだから一緒にいて居心地はいい🙎

 

だけどなんだか…

 

優しくない訳じゃないけど…

 

ちょっとクールというか冷たい性格⛄

 

 

デートの回数が増えるごとに

先輩たちの『応援』の

勢いが増し

逃げるに逃げられない

雰囲気に巻き込まれてたけど…😓

 

徐々に気づいたことがある🤓

 

彼、彼女と別れる気ないな🤔

 

先輩と旦那さん、がんばってくれたけど…

 

先輩たちの『応援』届かず😌

 

そしてなにより…

 

私の魅力不足💣

 

残念すぎる💔

 

だから先輩には

正直に

「彼のこと結構いいなぁって

思ってましたけど、

振り向いてもらえなかったみたいです😔」

と伝えて

その後は彼との連絡は絶ちました😵

 

はぁ😞💨

どうすれば素敵な彼氏が

できるのでしょう…🤔💭

 

私にとっては

とてつもない難題だっ😫

ネコ科😺

合コンを組んでると…

アラサー女子なら誰もが

絶対にぶち当たる壁がある🚧

 

同世代の友達が結婚したり
真剣に付き合ってる彼氏いたりで

メンバー集めに

苦労するようになる😵

 

けどそんなことで

合コンを諦めるわけにはいかない💪

 

だから職場の後輩たちに声をかけて

みることにした😊

 

ちなみにここでいう

同世代ではない後輩は

4つ下、5つ下…👼

 

溢れ出す若さ…🚼

 

あまり横に並びたくない…😒

 

でも合コンにアラサーだけで行くより

若い子いた方が男の子たちは

喜ぶし盛り上がるでしょ😌

 

けどアラサー女子には一抹の不安が…😶

 

その後輩たちに全部持っていかれて

アラサーは何の収穫もなく

終わってしまうかも…🍃

 

まぁでも考えてても仕方ないし

とりあえずやってみよー😏

 

というわけで

アラサー2人(私含む)+後輩(4つ下)2人で

合コンに行ってみた😉

 

ここで後輩の情報を…

 

後輩①  いつも笑ってて穏やか

              天然

              天真爛漫な癒し系

 

後輩②  化粧っけなし

               コミュ障とまで言わないけど

               コミュニケーションは得意ではない

               普段あまり笑わずブスッとしてる

               何考えてるわかんない不思議ちゃん系

 

後輩②は確実に

合コンに不向きだとわかってたけど

 

後輩①を誘ったときに①が

「後輩②ちゃんも一緒でも

いいですかー??」

と言うから

やむを得ず二人セットに

なってしまったわけで…😫

 

でもこの後輩②に

驚かされることになろうとは

この時は微塵も思ってなかった…😱

 

 

合コンが始まり

乾杯して自己紹介😊

 

みんな普通に名前と年齢言っていって

後輩②の番になったんだけど…

 

突然…

 

見たこともないような笑顔になり

聞いたこともないような

ぶりっ子声になり

自己紹介しはじめた😱

 

あまりの豹変ぶりに

驚きを隠せないでいたけど

 

後輩②は動じることもなく…

 

私にも

そのぶりっ子キャラのまま

話しかけてきた😵

 

なんか口尖らせながら話してるから

内容が全く入ってこないし

笑えてくる😂

 

私は個人的には

ぶりっ子する子は嫌いじゃない😉

 

けど…

彼氏とか特定の人の前だけではなく
大勢の前だと

 

ぶりっ子して許される人と

許されない人がいると思う🤔

 

例えば…

 

見た目がかわいい系で
守ってあげたくなるような子なら

ぶりっ子🆗👌

 

だけど…

 

見た目がクールな美人系

とか

美人でもないしなかわいくもないブス

とかは

ぶりっ子🆖🙅

 

女の子は化粧できるし

服でもかなりイメージが変わると思う😊

 

就職してからでも

男の人よりは

髪の毛の色とかも許容範囲が広いし

髪型だっていろいろできる😆

 

だから言い方悪いけど…

もし顔があまりかわいくなくても

女の子は努力しだいで

どうにでも化けれるし

かわいくなれる👱

 

だから

生まれながらにして

かわいい訳じゃないのに

化粧っけもなく

服もイマイチで

ぶりっ子してる

後輩②は完全にアウトだった💣

 

ベタベタのぶりっ子キャラと

見た目のギャップがありすぎっ😓

 

みんなきっとパニックだよ😵

 

ぶりっ子キャラをものにしたいなら

もっと努力しなきゃだぞ☺

 

と思ってると…

 

男の子たちが後輩②に対して

微妙な雰囲気なことに気づいたのか

あることをし始めた😰

 

男の子からの

「こういうことあったんだけどどう思う??」

って質問に

 

「大変だったねー😔」

 

すかさず

後輩②が

「大変だったねー」(ぶりっ子エフェクト)

 

 男の子が

「こういうの好きー??」

 

「好き好きめっちゃ好きー😍」

 

すかさず

後輩②が

「好き好きめっちゃ好きー😍」

(ぶりっ子エフェクト)

 

こういうのが続き

偶然にしては

私が言う言葉とあまりに一致してて

まるで山びこ😱🗻🎶

 

そして私は確信しました😒

後輩②は意図して

私の真似をしてる😵

 

その真似っ子もどんどんエスカレート💣

 

私はよくジェスチャーが多い🙌

と友達に言われるから

普段は気を付けてるんだけど

話に夢中になったり

興奮すると抑えきれなくなって

手振り身振りが出てくる🙋

 

すると後輩②が

私の手振り身振りまでも

真似し始めた💣

 

自分が気にしてる分

他の人にその手振り身振りを

真似されるとバカにされてるような気がして

すごく不快😣

 

まぁそんなことで怒ったりはしませんが💦

 

合コン中ずーっとぶれることなく

後輩②はぶりっ子キャラを押し通し

二次会三次会はターゲットを絞ったのか

1人の男の子の横をキープして

猫なで声でにゃんにゃんしてました😻

 

そして解散後は

その男の子とどこかへ

消えていきました😨

 

ワンチャンで終わらないといいね😓

 

と思いつつ止めはしない☺

お互い大人だし自己責任で😊

 

それにしてもあんなに豹変するなんて💦

 

仕事が嫌で職場でブスッとしてたのか…

ただ単にオンオフの切り替えが上手なのか…

 

とにかく恐怖体験をした夜だった💀

私の大好きなお店🍢🍅🍺

私は以前

和食創作料理屋さんが好き😜💕 

と言っていたけど…

 

普段友達とよく行く

大好きなお店があります😉🍻

 

そのお店は

安くて

はやくて

うまいっ😁

って感じで

 

お店は言うほど狭くないけど

とにかく無駄な空間はほぼない🔥

 

テーブル席だと

隣の席と激近だし

 

座敷の席は

もちろん掘りごたつではなく

小さいちゃぶ台を4人で

ぎゅーぎゅーになりながら使い

 

カウンターに座ると

カウンターの奥の方の人が

出入りするときは

背もたれにあたりながら出入り

しなきゃいけないくらい

 

とにかく密度が高いっ😂

 

席数はそこそこあるんだけど

週末はもちろん

平日でも予約しとかなきゃ

入れないことが多い💦

 

そして閉店時間は

早すぎる11時半😰

 

こういうお店だから

サラリーマンが多い👔

 

ある日友達と二人で

仕事帰りにそこに飲みに行った😉

 

私もその友達も

お酒をよく飲むから

最初からボトルワイン🍾を注文😊

 

二人ですいすい飲んで

2本目を注文しよっかー😁🍷

って相談してると…

 

全然気づかなかったけど

隣の席におじさん2人組みが座ってて

その人たちに話しかけられた😰

 

「お二人がおいしそうに

飲んでるから僕たちも

頼んじゃいました」

と…😌

 

「あー、そうですか😊

気に入ってもらえるといいですけど✨」

と言うと…

 

「よかったらこれどうぞ😊」

と頼んだばかりの

まだ手をつけてないそのボトルワインを

差し出してくれた😜

 

心の中では

『マジで!?

もらっちゃっていいの!?

今頼もうとしてたし

めちゃうれしいー😁』

と思ってたけど

 

一応…

「いえいえ、今頼まれたばかりですよね??
私たちはいいので飲んでください」

といい子ぶって言ってみたものの

 

おじさんたちは

「でも今もう1本頼もうとしてたでしょ!?

僕たちは自分達でもう1本頼むから

どうぞ飲んでください😊」

と…✨

 

なんていいおじさんたちなのー😄

 

と思いながら

「ありがうございまーす」

とお礼を言って

ボトルワインを頂く😁✨

 

その後もおじさんたちが

話しかけてきたけど

ワイン1本いただいたしと思い

お話に付き合いました😅

 

話してると

そのおじさんたち

デパートの社員さんらしく

1人は贈答品とかの部門の1番偉い人で45歳くらい

もう1人はなんとか部長で50歳くらいだった☺

 

なんともバカな表現だけど

あんまり真面目に話聞いてないから

覚えてなくて…😌

 

話に付き合ってたら

おつまみも注文してくれて

遠慮なくいただく😜

 

私たち…

めちゃくちゃ図々しい😂

 

でもおじさん喜んで

注文してくれるし

ありがたくご馳走になり…

 

そして私たちは

満腹&ほろ酔いになり

友達と

「お店変えよー😄」

って話してると

 

おじさんが

「僕たちこの近くのカラオケに

行こうと思ってるんだけど

一緒にどう??

お金は僕たちが全部出すから😊」

と…🙎

 

まぁ次のお店決めてなかったし
カラオケ好きだし

なにより…

ただで飲めるからいっか

ってことになり

一緒にカラオケに移動🎤

 

受付で

飲み放題にするか

それとも単品にするか

おじさんと私の友達が話し合ってて

おじさんが

アルコールメニューがある

1番安い飲み放題

を選ぼうとしてると

 

友達がすかさず

「えー😱

それだと発泡酒しか飲めないじゃん😩

生飲めるのじゃなきゃやだー!!」

と😰

 

この友達すごく美人で

よくモテる💕

 

おじさんも

デレデレしながら

「△△ちゃん(友達)がそう言うなら

これにしよう😁」

と高い飲み放題の方にしてくれた😝🍺

 

なんとも頼もしい友達🙋

 

友達にこっそり

「まだそんなに飲めるの!?」

と聞くと

「もうあんま飲めない!!

ってか生は絶対飲まない💦」

と…😰

「なら別に安い方のでも
よかったんじゃない??」

と言うと

「こんなおじさんたちと

飲んであげてるのに

ケチられると頭にくるじゃん👿」

と…😵

 

ごもっとも👏

 

おじさんたち

どんな歌入れるんだろうっと

ちょっとにやにやしながら

待ってると

 

一生懸命若ぶって

ミスチル

とか

GReeeeN

とか入れて歌ってた😂

 

デパートで働いてると

若い女の子たちも多いだろうし
職場で飲みに行くとき用に
若い子達が聞く曲とかも
勉強してんのかなって想像して

ニヤついてしまった😁

 

アーティストはいいとしても

その中の選曲が

ちょっと古めっていう😜

 

そして2時も回って眠くなった私は

友達に

「私眠いからもう帰るわー💦」

とラインすると

友達は

「私まだ元気だから

もう少しおじさんたちと

飲んで歌って帰るわー」

と💦

 

タフ💣

 

「変なことされないように
気を付けてね」

と言い残して

帰宅したけど…

 

この子鉄壁のディフェンスだから

まぁ問題ないなと後で思う😅

 

後日聞いた話によると

朝5時までおじさんたちと歌って

普通に帰ったらしい😁

 

この子がタフなことは

前から知ってたけど

アラフィフのおじさんたちも

タフなんだなぁ

と少し驚いた💦

 

この子、とても面白い子で

いろいろネタを提供してくれるから

また機会があれば

書こうかな😊

お楽しみにー😉

全部持っていく💞

きれいで優しい職場の先輩(女)がいて

彼氏と既に結婚が決まってたんだけど

私を含む後輩たちに彼氏ができないからと

その先輩と彼氏が幹事で

何度か合コンを組んでくれた🎶

 

その合コンは4🚻4

先輩と彼氏を除けば3🚻3

 

その合コンで初めて

先輩の彼氏と会ったんだけど

 

先輩の彼氏がイケメンすぎて

先輩の彼氏が連れてきた友達たちが

かすみまくる😱

 

おまけに

優しいし

気使ってくれるし

盛り上げてくれるし

女の子をみんな誉めてくれるし

とにかく

落ち着いた大人って感じで

素敵すぎた😍

 

おまけにその先輩の彼氏には

なんと…!!

 

双子の兄がいる👬

 

目の前にいるイケメンは

先輩の彼氏だから無理だし

それならぜひとも…

 

双子の兄、紹介してー💖

 

と女の子全員が思ってると

 

なんと……!!!!

 

双子の兄は…

 

既婚💔

 

かなりがっかり😖

 

合コン中、終始

先輩の彼氏ばかり見てて

 

友達たちの印象薄い☁

 

とりあえずその日は

みんなでライン交換して解散🎶

 

帰りに女の子だけになった瞬間

 

「彼が先輩の彼氏じゃなければ

確実にいくよね😆」

 

と盛り上がる😁

 

けど寝ても覚めても

彼は先輩の彼氏(というか婚約者💍)だから

どうすることもできないという絶望💣

 

合コンの後日

男の子の1人から連絡が🎶

 

彼は…

年齢  4つ上

身長  低め 168cmくらい

見た目  古びたスナックのマスターみたい

 

だから彼のあだ名は

マスター🍹

 

これくらいしか覚えてなかったけど

誘ってくれるから

何度かデートしてみた😜

 

マスターもすごく優しくて

気使ってくれるんだけど

なんか決定打に欠ける😓

 

そしてやっぱり…

身長が気になる😱

 

ヒールはいてる私と並ぶと同じか

彼の方が少し低く感じる…💦

 

という訳で恋愛への発展はないなぁー

と思って…

 

「合コンしよう」

っと持ちかけ

何度か合コンを開いたけど

どれもここに書けるような合コンはなく

全て普通の合コン😔

 

ホントは普通の合コンが

一番いいんだけどね😁

 

でもなんか物足りず…😓

 

そして一番大切な…

 

恋愛には発展せず💔

 

でもこの先輩の結婚式で

素敵な出会いが…😍

 

これはまた後日書きます😘

バナナボートにつられる🏄

まだ20代前半の夏の話😌

 

同期5人(みんな女)で

レンタカーを借りて

市内から1時間半くらいかけて

海に遊びにいった😉🌊

 

みんなで全力で遊びまくり

楽しんでると

見るからに学生の男の子たちに

声をかけられる💦

 

だけど…

 

『お姉さんたち
学生さんたちにご馳走してあげるほどの
甲斐性はないわ😱』

と思い無視😒

 

別にナンパ目的で

海に行ったわけではなかったからいいんだけど…

他の男の子たちからは

声かけられなかった😰

 

私たちモテないね😂

泣けてくるね😵💦

 

と話しつつ

 

全力で遊びすぎて

ちょっと疲れて

少し休憩してると

 

友達の2人が

「ちょっとビーチを散歩してくるー😊」

と言って離れていき

私たち3人は砂に埋め合いっこしながら

遊んでた😉

 

しばらくすると

散歩に行った友達2人が戻ってきて

「バナナボート乗せてくれるって

言ってる人がいるから

みんなで乗せてもらおうよー」

っと…🎵

 

海水浴場の横にある

川が海に流れ込んでるとこと

海水浴場を隔てるように

作られてる壁があって

(消波ブロックがたくさん立て掛けられてるやつ)

その上を歩いて沖の方に行けるとこの先に

2台の水上バイクが🚤

 

確かに

1台は後ろにバナナボートを
引っ張ってきてる🌊🍌

 

まぁ行ってみるかってことになり

バナナボートの方へ😊

 

水上バイクに乗ってる人たちは

海の男と言わんばかりに

真っ黒👤

 

二人とも

レインボーミラーのサングラス着用😎

 


f:id:getthehappyend:20161129181610j:image

 

そして二人ともギラついてる💫

 

想像を裏切らない感じで笑ってしまった😂

 

この人たち
暇さえあればこうやって
水上バイクにバナナボート付けて
海に来ては

若い女の子に

「乗せてあげるよー」

って声かけてるんだろうなぁ

と思いながら

とりあえず乗せてもらうことに😜

 

乗り込もうとすると

その人たちが

「ちょっと待って😊

これ着けてね✨」

と手渡してきたものは…

 

救命胴衣🏄

 

しかも人数分👭👭🚺

 

業者かっ!?

 

と思いつつも

ありがたいなと思って装着✨

 

まぁ海って危ないもんね😱

救命胴衣大切だよね😉

 

もしかして法律とかで決まってんのかな😰

バナナボートとか水上バイクとかの

マリンスポーツするときは

救命胴衣着用とか💡

 

無知なためわかんないけど

いざバナナボートに乗船😜💕

 

そして振り落とされたりしながら

一通りバナナボートを満喫して

一旦陸へ😉

 

少しみんなで話してると

水上バイク①は地元の中小企業の社長🌠

30代後半

水上バイク②も地元の中小企業の社長🎉

30代半ば

 

②は起業したばかりで

①を先輩として尊敬してるらしい💫

 

で、話も一段落して…

 

今度は

 「水上バイクに乗せてあげるよー!!」

と…🙎

 

「水上バイクは二人乗りだから順番ねー」

 

 友達に中の1人が

マリンスポーツとか

こういうアクティビティが

好きでめっちゃのり気🏄

 

すると水上バイク①が

指示し始めた💦

 

「じゃあ△△ちゃん (マリンスポーツ好きな子)は
②の後ろに乗って!!

○○ちゃん(私)は俺の後ろね!!

他の3人はちょっと待っててね✨
すぐ戻ってきて交代するから」

 

言われるがままに乗船💡

 

そして出発🚤

 

出発してすぐに

水上バイク②とは別の方向へ💨

 

近くを並走すると危ないし

あとで沖の方で落ち合って
また引き返すのかぁ

なんて思いつつ進む💦

 

結構沖の方まで来て

エンジン止めて停泊⚓

 

まわりを見渡しても

水上バイク②の姿見えず🙈

 

私たちがいたであろう海水浴場が

遥か遠くに見えて

 

海水浴場の人なんて

性別すらわからないほど

豆粒みたいに小さい😨

 

ヤバイ😵💦

 

海上で軟禁状態だ👽

 

水上バイク①が

水上バイクの荷物入れから

防水パックに入ったケータイを取り出す🐚

 

で、なんか誰かにメールかなんかしてるっぽい💫

 

こんな沖でも電波通じるんだぁと思いつつ…

 

そんなことより

自分の身の安全を確保せねば🆘

 

とりあえず救命胴衣着てるし

ここで海に落とされても

誰か助けてくれるかな

とか考える🤔

 

するとすぐにメールを終えて

話しかけてきた💦

 

「○○ちゃん今の仕事辞めて

うちで働かない??」

 

私、想定外のことを言われ

「…えっっ!?」

 

続ける水上バイク①

「○○ちゃんがもしうちに

来てくれるなら

僕の秘書してほしいんだぁ」

 

私…きょとん😓

 

「私、秘書検定とかもってないし
秘書っぽいことも何もできないですよ…」

と言うと…

 

「秘書って言っても

会社に来て座ってるだけで

いいから😊」

 

と…💦

 

いやいや、怖いっ😱

 

働かずに会社にいくだけで

お小遣いくれるってこと😵!?

 

理解できずにいると…

 

「○○ちゃんがもし

うちの会社に来てくれるなら

給料は月に50万払うよ😊」

 

「市内から通うのは

遠いから会社の近くに

引っ越すためのお金も出すし」

 

「家も僕が借りてあげるから

家賃もいらないよ😊」

 

終始優しい笑顔で

信じられないくらい好待遇の

仕事を紹介されてるけど…

 

これって愛人契約

ってやつにしか思えない😨💦

 

だから…

 

「すごく良さそうだけど

今の仕事なかなか辞められなくて💦

うちブラックだから

辞めさせてもらえないんだぁ😖」

 

と大嘘をつき

逃げ切ろうと試みたけど

捕まった😰

 

「そうか…💦

すぐには辞められないのはわかるよ😊

じゃあ、とりあえず今夜

俺たちも市内まで行くから

ゆっくり会社のこととか

仕事のこととか説明するから

連絡先教えて😊

あとで市内で待ち合わせしよう😊」

 

怖いっ😲怖すぎる😨

 

番号教えるわけにはいかないと思い

 

「昨日ケータイ変えたばっかで
まだ番号覚えてないんだぁ😌
おまけにさっき充電切れちゃって🔌」

 

と、また大嘘をつく😓

 

すると水上バイク①は

それを信じたのか

嘘だと思ったから他の手を考えたのか

 

「じゃあ今から一旦陸に戻って

近くのコンビニにプリペイド携帯

買いに行こう!!

買ってあげるから😊

そしたら連絡とれるし

今夜また会えるから😊」

と…😲

 

ちなみにこの頃は

コンビニにプリペイド携帯

(機種とプリペイドの通話料金が

セットになってるもの)が

売ってて簡単に買えたの😓

 

そこまで私にこだわる理由が

わかんないけど

とりあえずこれを餌に

陸には戻れる😂

 

思わせ振りに

「そんなの買ってもらうの悪いよー😊」

と言いながら

陸へ戻る流れに😉

 

そしてまたエンジンかけて

みんなが待つ陸へ✨

 

私たちが戻ると

みんな陸にいて

「次の人乗っていいよー」

と私が言うと

 

みんなが口揃えて

「えっっ、

もうみんな乗せてもらって

○○(私)を待ってたんだよ‼」

と…😵

 

私が沖に軟禁されてる間に
水上バイク①がメールしてた相手は
水上バイク②だったみたいで
水上バイク②が私以外の4人を
水上バイクに乗せてあげてたらしい💦

 

驚きつつも

とりあえずもう陸に戻って

みんなとも合流できたし

プリペイド携帯のことは忘れたふりして

「ありがとー」

と言って逃げようとすると

 

「○○ちゃん(私)、

プリペイド携帯買いに行こう」

と…💦

 

さすがに数分で忘れてくれるわけないか…😯

 

「ホントに悪いからいいよ😱」

と言うと

 

察してくれた友達が

「レンタカー、

あと2時間で返さなきゃいけなくて

私たち今からシャワー浴びて

すぐ帰らなきゃ間に合わないの!!」

と言ってくれた😊

 

けどこれまた大嘘💣

 

ってかまだ昼の1時頃だったのに
返却期限が迫ってるわけがない😂

 

けど水上バイク①は諦めず

 

「じゃあ僕が

プリペイド携帯買って行くから

市内のどっかで待ち合わせよう‼

お店予約しとくから

そこで待ち合わせて

携帯渡すから

ご飯一緒に食べよう😊」

っと…😵

 

すごい圧😲

 

けど相手が水上バイクを

放って行けないことをいいことに

 

「ごめんねー時間ないからー」

 

と言い残し海の家の中に避難💦

 

水上バイクたちの姿が消えたのを確認して

再度ビーチでゆっくり😊

 

沖に軟禁されてた間の出来事を

みんなに話すと

みんな大爆笑😂

 

この5人で集まると

今でもこの社長の話をつまみに

笑える😜

 

でも冷静に考えると

私この頃からずっと…

危機管理がひどすぎるな💥

お薬💊

この前書いた

先輩 - アラサー地方女子の合コン日記

で連絡先交換した

MRの彼とのお話😉

 

 彼は私のことを

気に入ってくれてるのかは

よくわからないけど

何度かデートに誘われ

二人ででかけた😊

 

彼はいつも落ち着いてて
感情の起伏があまりない感じ☺

 

いつもは平日デートで

お互い仕事終わった後に

近場でご飯一緒に食べて

ドライブしながらお話して

解散って感じだったけど…

 

この日は

土曜の昼過ぎに待ち合わせて

ちょっと車で遠出して

海辺散歩して

海沿いのレストランに行こうと

言うことになった🙆

 

いつも通り穏やかに時間が過ぎ

海辺のレストランへ🍽

 

そこでの食事中も

特に大笑いすることはないけど

穏やかにご飯を食べ終わった😜

 

このレストラン出たら

家まで送ってもらって解散かなぁ

なんて思ってたら

彼が上着のポケットを
ごぞごそし始めた🙎

 

車の鍵でも探してんのかなぁ

と思ってると

彼が…

 

「これ知ってる…??」

と言って

薬を私の目の前に差し出した💊

 

「えっ、なになにー??

体調悪いのー??」

と言って薬を手に取ると…

 

それは…

私のよく知ってる薬で

ハッとしてしまった😱

 

彼は

「この薬…

先生に胃薬だって言われたんだけど

本当なの??」

と…💦

 

彼が勤める製薬会社は中規模🏢

 

この薬は大手製薬会社の薬で

彼の会社のものではなかった😱

 

だから知らなくても仕方ないけど

薬を処方されると

大抵の場合は薬局で

情報提供書なるものを渡されるし

もし渡されなくても

薬剤師からの薬の効果と

飲み方の説明があるはず😓

 

おまけにその時

ボーッとしてて聞いてなくても

ネットで調べれば一発でわかる😖

 

なのに知らないわけがない😔

 

ちなみに先生が

「これは胃薬ですよ」

と言って処方してても

間違いではない🎉

 

でももし胃が痛いと訴えて

来た患者さんに

第一選択でこの薬を処方することは

まずほとんどない🙇

 

この薬…

ちょっと面白くて

開発当初は

胃薬

として開発され使用された💡

 

けど次第に

うつ病に効く

ことがわかり

うつ病の患者さんに処方されるようになった📝

 

そしてその後にさらに

統合失調症にも効く

ことがわかり

統合失調症の患者さんにも

処方されるようになった📍

 

今では主に

うつ病と統合失調症

に対して処方されてる薬です🙆

 

そして推測するに

彼はうつ病と診断されて

「胃が痛い」

とか

「胃がもたれる」

とか

そういう消化器の不調を訴えてて

 

「胃薬ですよ」

と言われて処方された📝

けどなんだか疑問を持っている🤕

 

…それか

 

きちんと全て説明された上で

処方されたけど

それとなく

うつ病とカミングアウトして

私がどんな反応をするか

見たかったのか…😓

 

 

とりあえず私は

「胃薬で間違いはないよー🙆」

と無難に答えた💡

 

『は』

に含みを持たせて…🤔

 

彼は

「そっかぁ」

と答えて薬を飲んだ🙎

 

今まで

落ち着いてて

感情の起伏が少ないように

見えてたのは

うつ病のせいだったのかなぁ

と思いつつ

市内に向けて出発🚗💨

 

そしたら

市内に入ったときに

彼が

「○○ちゃん(私)、時間もう少し大丈夫??

もしよかったらもう少しドライブしない??」

と言われて

もう少しドライブすることに💡

 

すると彼が重い口を開いて

いろいろ話し始めた😳

 

勤務中、一人で車を運転中に

息苦しくなり(たぶん過呼吸)

足がしびれてブレーキもアクセルも踏めなくなり

必死にサイドブレーキを手で引き上げたけど

途中で意識を失った。

 

気付いたときには病院で

病院スタッフから聞いた話だと

幸運にも細い県道の路肩に

彼の車が停まっており

変な停まり方してるからと

通りかかった人が

車内を見たら彼がぐったりしてたから

窓を叩いて起こそうとしたけど

反応がなかったから救急車を読んでくれて

その病院に搬送されたらしい📋

 

そして今も定期的に通って

診察を受けて

薬も処方されてて

薬を飲んでるらしい📆

 

一通り話を聞いて

家の近くまで送ってもらい

お別れ🙎

 

帰宅後に

デートのお礼と

『話してくれてありがとう📍

また会おうね✨』

 

とメールをしたけど

 

その直後1週間ほど

私は海外旅行に行き

戻ってきて1度連絡したものの

返事はなかった😵

 

なんだか後味の悪い別れで

後日事情は話さず

先輩に彼の消息を聞いたけど

直接関わりのない先輩には

わからず😥

 

彼、元気にしてるといいけど…💡

 

と、いまだに時々気になります😔

憧れの職業💕

誰にでも憧れの職業ってあると思う😉

こんな職業の人と付き合いたいってやつ😜

男の人なら

保育士とか

看護師とか

客室乗務員とか

好きだよね😁💕

 

女の子なら

医者とか

弁護士とか

商社マンとか

かなぁ😊

 

例外に漏れず私にもそういうのがある😚

 

小さい頃から

建築士に憧れてて😍

一時期自分が建築士になりたいなぁ

なんて甘い夢を見てたこともあったけど

全然別の仕事についてしまった🤓

 

だからこそ職業が建築士と聞くと

一気にその人への

興味と好感度が

アップしてしまう🤗

 

やっぱり単純な私🤐

 

そしてある日

友達に

「○○(私)に紹介したい人いるんだけど」

と言われ

どんな人か聞くと

彼女いわく…

年齢  4歳上

見た目  普通

職業  一級建築士

 

 

「一級建築士😤!?

マジで😵!?

会う会う😍

紹介してー🙋」

 

 そして会う約束の日✨

めちゃくちゃ期待して

早めに待ち合わせ場所に着いて

彼を待つ私😊

はやく来ないかなぁー😉

とドキドキしながら待ってて…

 

いざ!!

 

彼とのご対面😍

 

 

えっっ…!?

紹介するっていった人…

この人で間違いない😓!?

私の目の前に立ってる

この人で間違いない😵!?

 

まず見た目…

普通じゃないしっ😠

なんかジェルみたいなもの付けてるから

髪の毛テカテカ😵

別にジェルは悪くないけど

髪型こんなの👇


f:id:getthehappyend:20161127200633j:image

 

それをジェルでテカテカバキバキに

固めてる感じで

サイドは後ろに流してある💦

 

うまく説明できないけど…

 

ないわーーー😱

 

彼、メガネかけてたんだけど…

そのメガネが…

カマキリみたいなやつ😎

こんなのね👇


f:id:getthehappyend:20161127201956j:image

 

なんか怖い…💦

おまけに似合ってない👽

 

そして私の中で1番残念だったのは…

身長😯

 

私そんなに背高くないけど

日本女性の平均身長以上👯

常にヒールを履いてるから

靴はいてるときは170cm弱🐴

 

でも彼…

165cmないっぽい🐣

 

背低くても

もちろんその人が魅力的なら

その人のことを好きになるけど

この人の場合は

すべてが拒絶の対象

だった😕

 

ランチのお店を彼が決めてくれてて

そのお店まで1時間半くらいかかるから

とりあえずそこまでドライブしながら

向かおうということになり

車に向かう💨

 

「この車だよ。乗って。」

と案内された車は

真っ赤な2シーターのスポーツカー🚗

 

またまた引く…😓

 

私…ギラギラした人苦手👹

 

出会って数分…💥

もう既に帰りたいけど

とりあえず今日は我慢💦

 

でも次はないな🙅

 

ドライブ中も食事中も

いろいろ話してくれるけど

話もおもしろくない😪

 

ランチのお店でご飯食べて

またドライブして

特に盛り上がらないまま

夕暮れになり

市内に戻ろうということになったんだけど

そこから中心地に戻るのにルートは

いくつもあるけど彼が選択したルートは

郊外のラブホ街の近くを通るルート🏩👣

まぁよく通るルートだし

特に気には止めてなかったんだけど

彼からそこのラブホ街にある

有名なあるコンセプトで

建てられたラブホの話をふられ

そのラブホに行ったことあるか聞かれた👾

もう既に引きまくってたけど

さらにドン引き😡

 

行ったことないと答えると…

 

「ちょっと前通ってみようよ😁」

と言われ

今までがんばって

にこにこ愛想よくしてあげてたけど

私の我慢も限界💥

 

ここからの私…

無表情&無愛想🙍

 

「ラブホ行くわけないし!!

なんでわざわざ

ラブホの前通らなきゃいけないの!?

意味わかんないんだけど!!

早く帰りたいんですけど👿」

 

それでも彼は変わらず

「行こうよ!!前通るだけだし😁

中には入らないからさー😁」

と…💥

 

ひたすら拒否し続けるも

運転しているのは彼…💨

「いいじゃん、いいじゃん」

と言いながら

結局帰り道からそれて

そのホテルの方に向かって走り出した💢

 

ふざけるなと思い

そこからガン無視👹

 

彼は相変わらずにやけながら

「ほら、見てみて。派手じゃない!?
コンセプト通りでしょー😁」

とか言ってやがる😡

 

明らかに不機嫌&ガン無視

してるのに

よくもそんなににやけながら

ペラペラと話せるな😠

 

まだ暗くなってないし

もし駐車場に入ろうもんなら

タクシー呼んで市内に帰って

警察に行って

命からがら逃げてきたって

言って相談しよう!!

と思ってたら…

 

さすがに駐車場には入らず

そのまま帰り道へ戻り

今度はひたすら

謝り始めた💫

 

「ごめんねー💦
ホントにそんなつもりじゃ
なかったんだよ😱」

 

と…👾

 

いやいや

そんなつもりだったでしょ!?

そんなつもりじゃなくて

ラブホに向かう人とかいるの!?

ってか今さら謝っても遅いしっ💥

謝るくらいなら行くな、バカ💢

 

と心の中で叫びながらガン無視🤐

そしてラインを開き

彼をブロック📲🈲

 

時々彼が独り言のように話ながら

中心地に着き

家の近くではないが

彼と同じ空気吸いたくなくて

 

「ここでいい。降りる!!
今日はごちそうさまでした。」

と言って車を降りようとすると

 

彼が…

「ホントにごめんね😢

また会ってくれる??」

と…💢

 

よくそんな事言えるな👿

ってかまた会ってもらえる

とか期待できるのすごいね😠

と思いつつ

 

 「いや、無理」

 

と言い捨てて

そこから家まで帰りました👣

 

そして紹介してくれた友達に

一部始終を報告し

クレームを入れといた💢

 

今でも建築士という職業への

憧れはあるけど…

気を付けなきゃなぁ😱

 

反省です🙊